エアコンを我慢せず使える!賢く使って体を温めよう

LINEで送る
Pocket

石油ファンヒーターやストーブ、電気ヒーターやカーペットなど暖房器具には様々な種類がありますが、どれを使えば一番効率がよく、節約になるのかは悩むところです。

今回はエアコンをメインに使っている人のために、「エアコンを我慢せず使える!賢く使って体を温めよう」についてまとめてみました。

節電にも暖かさにも!エアコンの設定で工夫できる対策

冷房より暖房の方が高くなる理由

一般的に夏よりも冬の方が外気温と設定温度の差が激しくなります。
夏は設定温度を25℃にして外気温が35℃まで上がったとしても下げるのはせいぜい10℃ほどですが、冬は設定温度を25℃にして外気温が0℃まで下がると25℃も上げなくてはならなくなります。

そのため暖房の方が消費電力が多くなる傾向にあります。

家計に優しいエアコンの使い方

暖房を使用する際は暖め過ぎに注意し、こまめに温度調節をしましょう。設定温度を1℃下げるだけでも約10%節電することができます。

また冷たい空気が入って部屋の温度が下がってしまうと、設定温度になるまで再び電気を消費してしまいます。暖房を使っている部屋のドアや窓はしっかりと閉めて、開閉はなるべく最小限に済ませるようにしましょう。

実は損をしている!?間違ったエアコンの使い方

電気代を節約するために弱運転しているという人もいるかもしれませんが、実はエアコンは設定温度になるまでが一番電気を使うため、その間が一番電気代がかかります。

一度設定温度になってしまえばそこから先はあまり電気を使わないので、最初から自動運転で一気に設定温度まで室温を上げてしまう方が、結果的には節電になるのです。

また暖かくなったら電源をオフにして、寒くなったら電源をオンにして…とこまめにオンオフを繰り返すのも実はオンにし続けるよりも電気代が高くなってしまいます。

一度設定温度まで達したら、その後も自動運転を続けるようにしたほうが電気代を節約することができるのです。

さらにエアコンや家電の節電ノウハウを極めたい!という方は、経済産業省・資源エネルギー庁の資料がすごく役に立ちますよ!
参考資料:家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬 – 経済産業省・資源エネルギー庁

エアコンのお手入れで暖房効果を高める方法

フィルターのお手入れ

エアコンのフィルターが詰まってしまうとその分性能が落ち、暖まりにくくなる上に電気代もかさんでしまいます。電気代が最大で25%もムダになってしまうこともあります。

また汚れたまま放置すると水漏れや匂いのもとになる上、アレルギーの原因となってしまうこともあります。

なるべく2週間に1度を目安にフィルターを掃除するようにしましょう。

とはいえ、エアコンの掃除って、けっこう難易度が高いです。私は京都在住ですが、良いエアコンクリーニング業者を友人に教えもらって依頼しました。
実績も豊富で安心して頼むことができましたよ。
気になる方はこちら→京都でエアコンクリーニングを行った実績

室外機周りのお手入れ

エアコンの室外機の周りについつい物を置いてしまいがちですが、暖房の効率を落としてしまう恐れがあるのでやめましょう。

また雪の多い地方では雪が室外機周りに積もって室外機が埋もれてしまったり、雪が室外機に吸い込まれたりすることによって効率が悪くなることがあります。最悪の場合故障してしまうこともありますので、防雪フードや防雪ネットなどを利用して雪対策を行いましょう。

カーテンひとつで変わる!エアコン効果が上がる家の工夫

窓の断熱を徹底する

家の中の暖かい空気は窓ガラスから伝わってくる冷気によって冷やされてしまいます。

ですから窓の断熱を重点的に行うことで外気をシャットアウトすることができます。

その方法としては

  • 窓ガラスを断熱ガラスに変える
  • カーテンを厚手もしくは断熱カーテンに変える
  • 天気が悪い日は雨戸を閉めたりカーテンを閉めたりする
  • 断熱フィルムやシートを窓に貼る

などが挙げられます。カーテンと天井、もしくは床との隙間を少なくすることでも保温効果を高めることができます。

空気を循環させる

エアコンから噴き出た暖かい風は天井に溜まってしまいます。エアコンの風向を下向きに調整すると足元から暖めることができます。

またサーキュレーターや扇風機を上の方に回し、天井に溜まった暖かい空気を撹拌させましょう。

こうすることで暖かい空気が部屋全体に行き渡りますし、電気代も抑えることができます。

部屋を加湿する

部屋の湿度が上がると体感温度が高くなります。

加湿器を利用して快適な湿度(60〜80%)を保つようにしましょう。

ただし加湿し過ぎると結露の原因になるので注意が必要です。

まとめ

エアコンの効率のよい使い方についてまとめてみました。

できれば暖房代は抑えたいけれども、なるべくなら暖かい部屋で過ごしたいものです。

こまめな温度設定などささいなことでも暖房費用をぐっと抑えることができますので、是非実践してみてくださいね!

LINEで送る
Pocket