服装のミスをなくす!気温による服装の選び方

LINEで送る
Pocket

夏が終わって秋が近づくと新しい冬服を調達したくなりますね。
できればあまり着ぶくれせずに、暖かく冬を乗り切りたいものです。

そのために重要なのが、冬服のチョイスをどうするかということ。

今回は「服装のミスをなくす!気温による服装の選び方」についてまとめてみました。

素材と寒さの関係について

インナーの素材

冬になると特にほしくなるのが暖かいインナーですね。薄くても一枚着ているか着ていないかによって体感温度はかなり変わってくるものです。

そんな暖かい素材のインナーはどういう素材が使われているのでしょうか。実はユニクロのヒートテックなどには吸湿発熱繊維が使われています。

吸湿発熱繊維とは汗などの水分を吸収して発熱する繊維のことを言い、現在では定番商品と呼ばれるほど根強い人気を誇るようになりました。

ただし吸湿発熱繊維は汗をかかない屋内での着用には向いていますが、屋外などで汗をかく場合には汗冷えを起こしてしまう可能性があるのであまり向いていません。

屋外で汗をかくという場合は速乾性のある吸湿発熱素材を選ぶようにするとよいでしょう。

アウターの素材

アウターとひとことで言ってもパーカー、Pコート、ダッフルコート、トレンチコート、ダッフルコートやウィンドブレーカーなどその種類や用途も様々です。

その中でも最も暖かいアウターと言えるのがダウンコートです。南極大陸やエベレスト登頂を目指す人たちがダウンコートを着ていることからもそれが伺えます。

ダウンコートの中には羽毛が詰め込まれており、この羽毛の長い繊維が体温をつかまえて暖かい空気の層を作ってくれるのです。

汗をかく場合はウィンドブレーカーなどの薄手のナイロン生地のものがオススメです。

またポリエステル製のアウターは丈夫でシワになりにくく、水に強いことが長所ですが、真冬に使用するにはやや寒さを感じるかもしれません。

その日の天気予報で!気温で服装を決める基準を紹介

天気予報は必ずチェック!

部屋の中を暖かくしていると外の気温がわからず、薄着で外に出た途端に「寒い!」とびっくりしてしまうことがありますね。逆に厚着にしすぎて外で汗だくになってしまうのもつらいものです。

そうならないためにも、予めテレビや新聞、インターネットなどでその日の天気予報をチェックする習慣をつけましょう。

できれば時間ごとの天気予報を調べると、外出する時間の温度がわかるのであらかじめ羽織るものを準備することができます。

一日の最高気温はだいたい昼過ぎ、一日の最低気温はだいたい早朝に記録されることが多いのですが、曇りや雨の日は日中も気温が変わらなかったり、北風が吹くことによって日中の気温がどんどん下がったりすることもあります。

気温別の目安の服装

その日の天気がわかっても、一体何度くらいが長袖の目安なの?コートを着る目安は?という判断は難しいものです。

25℃以上…半袖で十分

20〜25℃…薄手の長袖、もしくは半袖+薄手の羽織るもの

16〜20℃…薄手または厚手の長袖+薄手または厚手の羽織る物

10〜15℃…ニットやセータ―+ダウンベストなど

5〜10℃…ニットやセータ―+厚手のコートなど

気温がそれ以下になった場合はインナーやコートで防寒対策し、さらにマフラーや手袋などの小物で完全防備しましょう。

上記はあくまで目安です。体感温度はひとそれぞれなので、自分にあった体感温度の服装を選ぶようにしましょう。

おすすめの防寒着

おすすめのインナー

防寒対策で一番大切なのは、インナーをしっかりと着用することです。

暖かさと動きやすさを重視するのであれば、MIZUNO ブレスサーモがオススメです。

インナーというとピチピチしたタイプのものが多いのですが、ブレスサーモは適度にゆとりがあります。また汗の蒸発が早いため臭くなりにくいのも、エチケットとして重要ですね。

作業着なのにコスパが最高なイージス

防寒機能が備わったアウターってとても高くてなかなか買えない…そんな人にオススメなのが、ワークマンの防寒着イージスです。

ワークマンと言えば作業着専門ですが、コスパの割にストレッチ機能がついていたり、高い防水機能が備わっていたりするため冬の釣りやバイク乗りに重宝されます。

まとめ

冬の服装についてまとめてみました。

服装選びに失敗して外で不快な思いをしなくても済むよう、気温別の服装の基準をあらかじめ決めておくと失敗せずにすみますよ!

こちらの記事もおすすめです → じんじん痛い寒さを和らげる!手足の冷え対策

LINEで送る
Pocket