じんじん痛い寒さを和らげる!手足の冷え対策

LINEで送る
Pocket

秋も深まり冬の足音が近づくにつれて訪れる悩み…それは手足が冷えること。

手足がかじかんで痛いくらいになってしまった経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか。

今回は「じんじん痛い寒さを和らげる!手足の冷え対策」についてまとめてみました。

手足の冷えが止まらない原因は?

体温を一定に保つ仕組み

人間は気温が変化しても体温を一定に保とうとする恒温動物です。体温を一定に保つために血液の流れる量を変化させたり汗をかいたりするのです。

皮膚から寒さを感じると、血管を縮めて血液をあまり流さないようにして皮膚表面の温度を低く保とうとします。

こうすることによって体内の熱を逃がしにくくするのです。また体が勝手に震えてしまうことがありますが、これは筋肉を動かして体温を上げようとしているのです。
逆に暑さを感じると血管を広げて血液の流れる量を増やし、汗をかいて熱を逃がすようになっています。

手足の冷えの原因

外気温が寒いと人間の体は脳や臓器など生命維持に関わる部分への血流を優先しようとします。

そのため寒い冬などは体温調節が間に合わず、手足などの末端への血流が減少して手足が冷えやすくなるのです。

ただ気温が低いだけという理由でなく手足の冷えが止まらない場合は、自律神経の乱れ、血液循環の悪化、運動不足による筋肉減少、女性ホルモンの乱れなどが関係している場合もあります。

冷え性で起こるさまざまな症状を解説

冷え性で起こるさまざまな症状

昔から冷えは万病のもとと言われるほど、様々な不調をもたらすと考えられてきました。

よくある体への影響として、頭痛、腹痛、肌荒れ、肩こりや不眠症が挙げられます。また冷えがさらにひどくなると手足のしびれ、痛み、倦怠感などを引き起こします。

女性であれば生理不順や生理痛の悪化なども冷えが原因と言われています。

冷え性に隠れた恐ろしい病気

体が冷えることは誰にでも起こり得ますが、中には隠れた病気が関係している場合もあります。

例えば低血圧、貧血、膠原病、甲状腺機能低下症などが考えられる他、レイノー病、バージャー病、全身性エリテマトーデス(SLE)などにも冷え性に似た症状が表れる場合があるので、たかが冷えと侮ることはできません。

手足の冷えを和らげる方法を紹介

手足の冷えを予防する方法

できれば日頃から意識して冷えにくい体を作ることを心掛けたいものです。

そのためには体を冷やすような冷たい飲み物や食べ物はなるべく控え、暖かい食事で体の内側から温めてあげるようにしましょう。

また偏った栄養摂取は血流を悪くし冷えを悪化させると考えられています。インスタント食品やジャンクフードはなるべく控え、バランスの良い食事で血液の流れをよくすることにより冷えを改善させる効果があります。
他にも

入浴の際は38〜40度のぬるめの湯にゆっくり浸かりましょう。
無理なダイエットは禁物です。

できれば禁煙をしましょう。
規則正しい生活と十分な睡眠を心がけましょう。

体を締め付けない、ゆったりとした服装がベターです。
適度な運動をして筋肉量をアップさせましょう。

手足の冷えを和らげる方法

冷えてしまった手足の冷えを和らげるには、まずは温めることが先決です。

暖かい飲み物や食事で体の内側から温めてあげるようにしましょう。また体を温める際、手足はもちろんですが、首や足首、手首を温めるようにすると効果的です。

ストレッチをして体全体を動かすことにより、酸素を取り込んで血の巡りをよくすることができます。

またビタミンEには血管を拡張し血流を促進する効果があります。ホルモン分泌を調節する役割もあるため、冷え性の原因である自律神経の乱れにも効果的と言われています。

煎茶、ひまわり油、アーモンドなどに多く含まれるので、意識して摂るようにするとよいでしょう。

まとめ

手足の冷え対策についてまとめてみました。

冷え性はよくある症状の1つではありますが、放置しておくと厄介な病気につながってしまうこともあります。体も心もポカポカでいられるよう、手足をポカポカに保てるようにできるとよいですね。

こちらの記事もどうぞ → 服装のミスをなくす!気温による服装の選び方

LINEで送る
Pocket