寝るときの寒さ対策

LINEで送る
Pocket

寒くなると朝はお布団から出るのが億劫になってしまいますが、夜は冷たいお布団に入ると思うとためらってしまいますね。

せっかくの眠気がひんやりとしたお布団に入ってすっかり吹き飛んでしまった…なんていう経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

今回は「寝る時の寒さ対策」についてまとめてみました。

寝る前のからだの対策

寝る前のお風呂の入り方

体を睡眠モードにさせるには体の深部体温と皮膚表面の温度の差を縮めることが重要です。

通常は深部温度の方が2度ほど高いのですが、深部体温が下がると睡眠モードに切り替わります。

この睡眠モードをコントロールする方法として有効なのが、入浴時間を調整することです。

40℃のお風呂に15分浸かると深部体温が0.5℃上昇し、その後90分かけて深部体温が下がります。

つまり寝る前から逆算して1.5時間前にお風呂からあがるタイミングで入浴をするとすんなりと睡眠モードで眠りにつくことができるのです。

寝る前のストレッチ

人間には交感神経と副交感神経という二種類の自律神経があります。

交感神経は勉強や仕事などストレスや緊張があるときに働く神経のことを言います。

副交感神経というのは眠っているときやリラックスしているときに優位に働く神経です。

交感神経が強く働いている状態で眠りにつくと浅い眠りになったりすぐに目覚めてしまったりと睡眠の質の低下を招いてしまいます。

つまり体をどれだけリラックスさせられるかが良い睡眠が取れるかどうかのカギとなるのです。

ストレッチは体と心をリラックスさせ、副交感神経を優位にさせてくれます。

またストレッチで疲労が回復し血行がよくなることで、眠りにつきやすくなります。つまり眠る前のストレッチで質のいい睡眠をとることができるようになるのです。

布団に対して行える対策

布団乾燥機を使う

布団の中に湿気が溜まったままでいると、布団の中の水分が妨げとなって布団がなかなか温まらないということがあります。

昼間に干すことができれば一番いいのですが、時間がなかったり天候が悪かったりして毎日干すのは難しいという人が多いのではないでしょうか。

そんなときは布団乾燥機を布団に入る前に30分ほど運転させると、布団が温まるばかりでなく湿気も飛ばすことができるのでオススメです。

湯たんぽを使う

昔ながらの方法ですが、湯たんぽを使って足元を温めると血行がよくなり眠りにつきやすくなります。

お湯を入れるのが面倒という人は、充電式のタイプや電子レンジで温めるタイプなどもあるのでオススメです。

布団のかけ方を工夫する

羽毛布団は暖かくて冬の寝具としては最強アイテムですが、その羽毛布団の上に薄手の毛布などをかけると、羽毛布団の保温効果がアップします。

ただし重い毛布をかけて羽毛布団を潰してしまうと羽毛の中の空気が抜けてしまい暖かさも保持できなくなってしまうので、羽毛布団を潰さない程度の重さの毛布を使用しましょう。

寝る前に役立つ!冷えとり対策グッズを紹介

目元を温める

人間の体には暖かさを感じるポイントがあり、そのポイントが集中している場所が目元と首元に存在します。

このポイントを重点的に温めると副交感神経が優位になりリラックス状態になることができます。

100%あずきの天然蒸気あずきのチカラ目もと用は電子レンジで加熱するだけですぐに、何度でも使用することができます。適度な重みがあるので目元に自然とフィットして温めてくれます。

体の内側から温める

寝る前に温かい飲み物を飲むことで体の内側から温めることができますが、緑茶やコーヒーなどはカフェインを含むためあまり就寝前に飲むのはお勧めできません。

その点ハーブティーはカフェインを含まないため、寝る前でも安心して飲むことができます。

様々な種類のハーブティーがありますが、その中でも特におススメなのが、カモミールティーやラベンダーなどです。

飲んで体を温めるだけでなく、香りによって精神を安定させる効果もあるのでより快眠効果が期待できます。

まとめ

寝る時の寒さ対策についてまとめてみました。

冬は暖かいお布団で1分でも1秒でも長く眠っていたいですよね。寝入りをスムーズにさせるためにも、寝る時の寒さ対策のアレコレを実践してみてくださいね!

こちらの記事もどうぞ → 冷えによるむくみの対策

LINEで送る
Pocket